本棚

古本屋を比較して売る

基本的に、本は書店で少しさわりを読んでみて、気に入ったものしか買わないようにしているので、不要な本というものは本棚に並んでいないという状態で、これまで本を売るということをしたことがありませんでした。

ですが、結婚を機に実家の部屋を整理するとともに、新居に持ち込める本には限りがあるということで、処分せざるを得ない状況になりました。

大切にしてきた本ですから、少しでも高価買取をしてほしいということもありましたから、買取について調べてからにしました。

すると、ネットで買取をしてもらった方がお得なことの方が多いことも分かって、基本的にネットで売り払うことに決めました。

一定冊数を越えると多くの買取サイトが引き取りに来てくれるか送料を負担してくれることも分かりました。

さらに、サイトによって得意としているジャンルがあるようで、漫画、小説、ビジネス書と大まかに3種類に分けて、それぞれ別のサイトに買取をお願いしました。

漫画を80冊ほど、小説を150冊、ビジネス書を30冊売りました。

手元に残ったのは小説が10冊とビジネス書が5冊だけになりました。

とてもすっきりしたし、満足いく価格で買い取ってもらえました。

本を売った後に気づいたのですが、ネット古本屋を比較しているサイトがありました。

http://おすすめ古本買取.com/

ここに載っているお店で古本を売っても良かったかもしれません。

それ以外にも、大きな気付きがありました。

これだけ思い切って売り払うと、断捨離のようなものです。

いったん本棚が空になると、今まで買い集めたシリーズとか作家さんとか、傾向とかが気にならなくなるのです。

それで、書店にまた本を買いに行こうとすると、今までとは違う本を本棚に並べてみたくなるという自分自身の変化もありました。

新しい、発見もできる本買取、是非いろんな人に薦めたいと思っています。

コメントは受け付けていません。