本棚

「報告書の書き方」安田賀計

ビジネスの世界で必ずといっていいほど必要になる、色々な報告書の書き方の手引書です。
著者の安田賀計という方は、産業研究所勤務や色々な講師職を経た人のようです。
この本は、報告書の書き方について、非常に簡潔にまとめられていて、そこが最大の魅力と思います。
第1章で報告書の書き方や留意点が書かれ、第2章で、文章力や表現などの報告書の文章表現について書かれています。
この1章と2章は合わせて36ページほどで、残りは様々な報告書の書き方のテンプレートが示される内容になっています。
つまり、最初の2章を読んでおけば、あとは自分が書きたい報告書のページを読み、そのフォーマットに合わせて書くだけで、それぞれの報告書に関し、最低限のTPOに反しないものを作成することが出来ます。
たとえば、出張報告書であれば、最初の2章と、出張報告書のところだけを読めば、出張報告書を仕上げることが出来る、といった具合です。
そして、報告書のテンプレートは、業務日報から調査報告書、営業報告書、企画書など多岐にわたっていて、ひと通りそろっていました。
自分が読まなくてはならない所が少なくて済むので、こういうハウツー本が苦手な方にも読むことが出来る点が、とても良いと思いました。

コメントは受け付けていません。