本棚

『人生を狂わす名著50 』ー京大院生が選ぶ

京都市東山区にある「天狼院」という書店で働く、京大院生がセレクトした名著を紹介する一冊。

筆者は文学研究をされているということで、相当数の本をこれまで読まれてきたのでしょう。50の名著を紹介するのに加え、それぞれの本を読み終わった後におすすめの本も3冊ずつ、選んでくださっています。

私は就職活動を終えてふと、何か本を読みたいけど、何を読めばいいのだろうと迷ったときに、この本をガイドにしました。

この本に出会うまでは、「書評」というと、有名人や大物作家が綺麗な言葉をつかって書く、そんなイメージを持っていました。また、経験値の高い人にとって面白くても、読書に疎い私は感動できないのではないか、そんな劣等感まがいの気持ちもありました。

でも、この「書評」は、読書家でない人にも通ずる視線を持っています。しばらく読書から離れていた社会人のみなさん、就職活動が終わってバイト以外の時間を充実させたい学生のみなさん。タイトルをざっと見るだけでも、久しぶりの読書の道しるべになること間違いなし。

実は「書評」以外の使い道もあるのがこの本。読書が嫌いな人は、この本の紹介文だけ読んで、気になったテーマだけ、ググってみる・・・そんなラフな使いかたもできると思うのです。

筆者のブログで言っているように、読書は忍耐や知力の必要な、大変な作業です。読書に気が向かない方も、たったの3~4ページ、この書評を読めば、作品の世界観を味わうことができます。

コメントは受け付けていません。