本棚

2017年10月30日
から medeurope-intern
『書店主フィクリーのものがたり 』ガブリエル・ゼヴィン著を読んで はコメントを受け付けていません。

『書店主フィクリーのものがたり 』ガブリエル・ゼヴィン著を読んで

読書を、ことに小説を好む人には共感できるストーリーだと思います。 アメリカの北東部に島があって、そこには一軒の本屋しかありません。 最愛の妻を失ったやさぐれた本屋のところに2歳のかわいい女の赤ちゃんが転がり込んできて、適当に悶着があったけれど、ひとりで育てることになって、可愛さに救われて行って、島の人が色々と... Read More

2017年10月5日
から medeurope-intern
アリフ・フォルネ『本を読む人』を読んで はコメントを受け付けていません。

アリフ・フォルネ『本を読む人』を読んで

おそらくパリ郊外の放っていられている私有地に、大家族のジプシーが無断で住んでいる。 家長のばあさんは伝統的なジプシー以外の暮らしを知らず、年中焚火の前に座り、気が向けば話す。 ばあさんの息子が5人いて、彼ら特有のジプシーの誇りを持って働かず、酔っ払い、泥棒をし、気が向いたときに妻などとセックスをする。 息子の... Read More