本棚

2016年10月23日
から medeurope-intern
村上春樹で一番のお気に入り アフターダーク はコメントを受け付けていません。

村上春樹で一番のお気に入り アフターダーク

私は村上春樹シリーズを何冊か読んでいますが、その中でも最も好きなのが「アフターダーク」です。 内容的にはそれほどハッキリしたテーマはなく、ある都会の街の一晩の様子を中心に物語が進んで行くのですが、もともと田舎出身の私からするとこの描写が当時住んでいた大阪の街と重なり、どこかリアリティがあって楽しく読めました。... Read More

2016年10月12日
から medeurope-intern
ぼくはこんな本を読んできた はコメントを受け付けていません。

ぼくはこんな本を読んできた

ぼくはこんな本を読んできた 必読の教養書400冊」は知の巨人こと立花隆と、知の巨人こと佐藤優が、 読むべき本200冊を互いに挙げ、それについて対談する本です。 対談を読むのはあまり得意ではありませんが、この本は内容が濃くて非常に面白かったです。 物理や数学の本から、地理学、小説、漫画…。その中でも... Read More

2016年10月7日
から medeurope-intern
渡辺淳一の「夫というもの」 は今読んでも面白いです はコメントを受け付けていません。

渡辺淳一の「夫というもの」 は今読んでも面白いです

タイトルの本は10年前に出版されていますが今読んでも共感できるところがあり参考になります。渡辺淳一は性の話が多く、この本も随所にでてきますがなるほどなという印象しかもちませんが、言葉使いがうまいのでつい笑ってしまいます。夫が浮気をする理由として愛における男の複数指向という表現で他の女性にも目を向ける生き物だと... Read More

2016年10月1日
から medeurope-intern
社会人大学人見知り学部卒業見込完全版 はコメントを受け付けていません。

社会人大学人見知り学部卒業見込完全版

人気漫才師・オードリーの若林正恭が、雑誌「ダ・ヴィンチ」に書いていた連載を 書籍化したのが、「社会人大学人見知り学部卒業見込」。 本作は、この本が文庫化される時に、新たに100ページほどを追記したお得な本です。 とにかく面白いし、文体も読みやすいです。 それでいて、ちょっと考えさせられる内容になっています。 ... Read More